ランチ合同定期券の意味するところ。

ガスト・はなまるうどん・吉野家の3社が合同で300円のランチ定期券を発売し、9月10日~10月21日の間、ガストは100円引き、はなまるうどんは天ぷら1品無料、吉野家は80円引きというサービスを受けることができるんですね。吉野家とはなまるうどんは同じ企業グループですが、今回すかいらーくグループのガストが参加したので企業を超えたサービスで画期的と報道されていますね。

※吉野家プレスリリース
yoshinoya

 
※すかいらーくグループプレスリリース
skylark

報道では、「コンビニ弁当や宅食に対抗するため」と解説されていましたが、これはワンコインランチ企業の囲い込み作戦と解釈できますね。「ワンコインランチ」=「ベーシックインカム生活」という図式が成り立ちますので、これは社会全体のベーシックインカム化を象徴する出来事のひとつであると解釈できます。無料化と言っても良いかもしれません。あらゆるものの価格が低下し(限界費用ゼロ)、無料に近づいていくのです。もはや500円以上のランチを提供する飲食店は生き残りが困難であると認識すべきです。もちろん都心の一等地なんかでは千円ランチとか、2千円ランチというのもやっているのですが、そういうのは本当にごく一部の世界ということになっていくと思われます。時代はワンコインランチですね!