巨大な夢をかなえる方法

世界を変えた12人のスーパーイノベーター達の卒業式スピーチ集ですが、これはむしろ普通の人が読むべき偉人伝です。

なぜなら、これからの社会変革は非常に大きなものになるので、スーパーイノベーター達の考え方のエッセンスをお手本にして、普通の人も自分達の歩みを考える必要があるからです。12人のスピーチを読んでそれぞれ感動し、元気を貰いましたが、共通している点もあると感じました。ひとりずつ印象に残っているポイントを引用しますので、その共通点を感じ取って下さい。

※アマゾン創業者ジェフ・ベゾス「考えに考えた末、私は安全ではない方の道を選び、自分の情熱に従うことにしました。このときの「選択」を私は今、とても誇りに思っています。」

※グーグル創業者ラリー・ペイジ「私たちは世界を変えるために何をしたらいいのでしょうか?一言でいえば、”楽ではないけれどワクワクすること”に常に挑戦することです。」

※ヤフー創業者ジェリー・ヤン「ここで皆さんにお伝えしたいのは、チャンスは逆境のときにやってくるということです。必ず将来、良いことが起きるのです。」
「生まれつき高いIQや才能を持っているからといって、成功できるわけではありません。成功するには、一生懸命努力しようという志が必要なのです。マルコム・グラッドウェルは、著書「天才!成功する人々の法則」の中で、”1万時間の法則”というコンセプトを紹介しています。どんな分野においても世界レベルの専門家になるには1万時間(あるいは1日3時間で10年間)、必死で働き、実践を積まなくてはならないという法則です。」

※ツイッターCEOディック・コストロ「まずひとつめです。大胆に考えて、勇気ある決断をして下さい。キーブラーエルフ(妖精のお人形)の工場にいる自分を想像してみて下さい。皆さん、何をおそれて自由に発想しない?ふたつめは、次にどんなセリフを言えば良いか、次に何をやらなくてはいけないか、と未来を心配しすぎないで下さい。人生に台本はありません。台本の無い人生を生きて下さい。今この瞬間を生きて下さい。この瞬間を生きて下さい。この瞬間を生きて下さい。」

※アリババ創業者ジャック・マー「根気強く、努力を続けて下さい。常に楽観的に考えて下さい。変化を歓迎して下さい。」

※フェイスブック女性COOシェリル・サンドバーグ「自分が好きなことで社会に貢献できるということは、とてつもなく贅沢なことなのです。それが見つかれば、自分はなんて幸せなんだと思うことでしょう。」

※ペイパル・テスラ創業者イーロン・マスク「皆さんも会社を創業したら、最初にやるべきことは「試作品」をつくることだということを覚えておいて下さい。」

※無料教育カーンアカデミー創設者サルマン・カーン「まずは、信じられないほど、前向きでいてください。前向きになれるなら、妄想の世界に浸っても構いません。人から批判される。周りからバカにされる。こんなことがあると、エネルギーが奪われてしまい、本来の能力を発揮することができなくなります。この状況に対抗するためにはどうすればいいか。その秘策は「笑うこと」です。体の中のすべての細胞をつかって、思いっきり笑ってください。」

※俳優トム・ハンクス「皆さんも朝、不安な気持ちでベッドから起き上がることもあるでしょう。でもそういうときは自分が強くなるチャンスだと思ってください。一日の始まりは、新たな信念が生まれて、花開くチャンスでもあるのです。不安に気をとられるか、信念を育むか。これは皆さんが選択することです。しかし、皆さんはイェール大学で学んだ優秀な人たちです。その瞬間がきたら、どちらを選ぶべきか分かるでしょう。」

※俳優メリル・ストリープ「私が幸せを感じるのは、様々な役柄を演じる俳優という仕事を通じて、世界について学び、世界の人々に共感するときです。」

※映画監督マーティン・スコセッシ「芸術家の人生をトータルで考えれば、たまに訪れる成功の数よりも、試練の数の方がずっと多いのです。単なる仕事として見れば、全く割に合わないのが芸術家なのです。それでも、芸術家でありつづけるのは、天から才能を与えられたからです。」

※バークシャーハサウェイ副社長チャールズ・マンガー「もうひとつ、皆さんの人生をダメにするもの。それは、嫌な人間関係です。不快な人間関係を避けましょう。特に直属の上司に対して、「この人は尊敬できない」、「自分の模範にならない」と思ったら、その人のもとで働くのは極力避けてください。無能な上司のもとで働けば、自分もダメになってしまうからです。」

IT企業の経営者だけでなく、非営利団体代表や、俳優や映画監督なども含まれていますが、それぞれの分野で画期的な仕事をした人たち、イノベーターが選ばれています。

やはり、イノベーターの巨人達は、「楽観的で」「正直で」「熱心な」人たちなんですね。自分達が心地よい環境を得るために努力を惜しまず、そして得た幸福を良く味わう人たちなのですね。「巨大な夢を持ち」それに対する「努力を惜しまない」ということが共通点だと思いました。視野を広げるために若い頃に旅に出たり、様々なことにチャレンジしたりしていますね。彼らは勿論それぞれ天賦の才能にあふれた人たちなのですが、我々普通の人にも参考になるスピーチだと思います。社会の変革が大きくなる時代にも、従来の常識が通用しなくなる時代でも、彼らの精神を参考にして、我々普通の凡人であっても、新しい世界に羽ばたいていけば必ず、新天地に到達出来るということを示しているようです。