カテゴリー
ニュースなど

Tier4の世界観

この映像の未来的な世界観にも驚いたのですが、それより2018年11月時点の再生回数1750回に衝撃を受けました。公開が2018/4/21だから半年も経過してるのに再生回数が1750回なのです。たったの1750回!日本人は自動運転車に興味が無いのでしょうか!

※Tier4 ホームページ

Tier4は、名古屋大学准教授だった加藤真平氏(現東京大学情報理工学系研究科准教授)らが中心となって2015年12月に設立した企業です。名古屋大学と長崎大、産業技術総合研究所などと共同で開発したオープンソースの自動運転ソフトウエア「Autoware」を使った自動運転システム開発や、Autowareを活用するためのコンピュータ、センサーの販売などを手がけています。

autoware と言えば、米インテルやソニーなどが出資している自動運転ベンチャーのZMPも使用している大注目ソフトウェアです。

Screenshot of www.zmp.co.jp

それなのに、Tier4の動画再生回数が1750回とは驚きます。日本人は、これから何が起こるのか分かってないし、気にもしていないということですね。これから起きる良いことと悪いことを列挙しますので考えてみて下さい。

これから起こる良いこと
・自動運転が実用化し、移動にまつわる費用が低下する。半額とか、10分の1とか、最終的にはゼロになる。
・バスとかタクシーが100円で乗れるようになる。やがて10円になり、最終的に無料で乗れるようになる。
・自動運転により、流通にまつわる費用も低下する。つまり物価が下落する。

これから起きる悪いこと
・人間にとって、運転の仕事は無くなる。人間は、運転の仕事はできない。
・自動車の運転が必要無いので、自動車を所有する必要もない。自動車産業が、例えば10分の1に縮小する。
・自動車はエンジンからEVに転換(ゲームチェンジ)するので、既存の自動車会社は生き残れないかもしれない。