アリゾナ州で自動配送サービス開始

Screenshot of nuro.ai

https://medium.com/nuro/launching-the-first-unmanned-delivery-service-3fa574ca6e25

2018年12月18日、Nuroは、一般市民向けの史上初の無人配信サービスを開始しました。アリゾナ州スコッツデールの住人は、自走式の無人オンロード車R1で食料品配達を受けることができます。

2007年DARPAアーバングランドチャレンジ決勝大会出場者が2年4ヶ月前にNuroを設立し、日常生活におけるロボット工学の適用が加速されてきました。

Nuroは、 アメリカで最大の食料品小売業者であるKrogerと提携して、自動運転車による食料品配達サービスを開始しました。8月に自動運転Priusでこのサービス試験を開始し、約1000件の配達を完了し、高レベルな顧客満足度評価を受け、そして何時間もの顧客の時間を解放してきたということです。

もうアメリカでは自動配送の時代が始まっているんですね。店舗消滅(不動産消滅)への第一歩です。