サッカー日本代表先発全員海外組の衝撃!

https://www.google.co.jp/search?q=オール海外組&tbm=nws

いよいよ今晩、サッカーアジアカップ決勝戦、カタールとの試合がありますが、その先発メンバーが史上初めて、全員海外組となる公算ということです。史上初、“オール海外組”のスタメンで挑むと予想されています。

これはスポーツのニュースなのですが、これからのビジネス分野でも頻発する事象になるかもしれません。例えば、「一部上場企業の役員が全員海外組になるかもしれない」、ということです。日産とか、ソニーとか、武田薬品とか、外国人のCEOも増えてきました。

既に、一部企業で社内公用語を英語にする変革が実践されています。有名なところを挙げると、

・楽天

・ユニクロ

・アサヒビール

・シャープ

などですね。21世紀の子どもたちがもしもベーシックインカムではなく、仕事の収入を得たいのであれば、英語の習得は必須条件になるでしょう。高校か大学で外国留学をする必要性も増しています。そういえば、全部の授業を英語でやるという国際教養大学が注目されていますね。最低1年間の海外留学も卒業要件に課せられるという徹底ぶりです。

Screenshot of web.aiu.ac.jp

21世紀の子供たちは、「オール海外組」の衝撃を胸に刻んで着実な歩みを進めてほしいです。