BRETT

Screenshot of engineering.berkeley.edu

BRETTは、UCバークレイが開発したディープラーニングロボットです。リンゴを掴んで、持ち上げて、皿に置く、という動作を、「プログラミング」じゃなくて、「ディープラーニング」で習得することができました。

こちらの動画を見れば分かりますが、他にも、試行錯誤によってオモチャのパズルや飛行機を組み立てたりすることができるようになっています。

今後、歩いたり、走ったり、ジャンプしたり、自転車に乗ったり、同じようにディープラーニングで習得できる可能性があります。人間と同じように習得できるのです。だから、「ロボットがディープラーニングで自転車に乗れるようになった」というニュースが来ても驚かないで下さいね。