ソフトバンクが月10円の通信サービス開始!

Screenshot of www.softbank.jp

 
ビジネス用IOT(Internet of things モノのインターネット)向けの通信プランだそうです。通信速度27kpsで、月間10キロバイトまで10円。

1キロバイトで1024バイトだから、10240バイトってことになりますね。1バイトで8ビット256文字の情報を送ることができます。日本語だったら2バイトで1文字。だから、10240バイトだと、5120文字ですね。1ヶ月に5千文字。1日あたり、165文字。

「そんなので何ができるの?」はい、分かりませんけど、IOTが普及していく雰囲気は感じませんか?たとえば、お財布に通信機能を持たせて1時間に1回GPS情報を送信するようにできれば、忘れ物しても絶対に見つけることができます。

忘れ物防止タグ、Tile なんていうものもありましたね。全米シェアナンバーワンで、1500万個も売れたそうです。これはbluetooth通信でスマホと連携して紛失場所を特定するシステムですが、自分のスマホだけでなく、全てのTile登録ユーザーが協力しあって忘れ物の位置をクラウドに送信する仕組みなんですね。こういうものが、スマホ連携じゃなくて、単体でインターネット通信能力を備えることになってきます。将来、傘の忘れ物が無くなるかも?

そういえば、スイカなどICカード決済できる自動販売機は、既にインターネットに接続されているんですよね。ちょっとでかいけど、既にIOTなんですね。クルマのカーナビもネット接続できるタイプのナビが増えてきましたね。

さらにですよ、この10円プラン。技術革新で、ここから更に価格が低下していきますよね。5円プラン、1円プランと。通信料も10キロバイトから、20キロバイト、40キロバイトと、増えるでしょうね。

ジェレミーリフキンの「限界費用ゼロ社会」では、無料エネルギーで、無料通信が実現すると予言されていますね。だから、まだまだ10円なんて序の口なのです。

ただ、序の口まで来たというのは感慨深いことです。もうIOTはすぐそこまで来ているなと!そういうことですね!

※参考書籍