福岡で無料タクシーが始まる!

https://fundinno.com/projects/32
https://nommoc.jp/

fundinno クラウドファンディングで資金調達して、2019年に広告配信による無料タクシーを走らせるという計画なんだそうです。fundinno に掲載されている事業概要を引用します。

引用はじめ---
リアル広告のターゲティング最適化モデルを、国内初となる「車移動の無料化」につなげる
「車による移動を無料に」。弊社は、国内で初となる画期的なサービスを手がけるため今年4月に設立されました。
代表は吉田拓巳。15歳での起業が話題となった若手実業家が8年の時を経て、新たなBIGプロジェクトに動き出しました。
その名も「nommoc」。最新のAI技術により、消費者行動の予測や、先回り等を確度高く実現するこのサービスは、目的地(※)まで「無料で」乗車できる。そんな夢の移動体験を現実にしていくツールです。
このプロジェクトには、代表吉田が今まで培った、イベントなどでのクリエイティブ経験やシステム開発等の幅広いマネジメント力、人脈が余すことなく組み込まれています。
来年3月に国内初のサービスとして福岡県天神市からスタート。その後、東京へ展開を広げ、将来的にはアジアシフトを視野に入れるなど、社会的意義のある壮大な事業です。

引用おわり---

なんとも驚いてしまう計画ですが、クリスアンダーソンの「フリー」を読んでいれば、「ああ、あれね」みたいな反応ができると思います(笑)。

この計画を読んで思い出したのが、これです。

※MITテクノロジーレビュー、複式簿記以来の革命 ブロックチェーンが作る新しい「信用」
https://www.technologyreview.jp/s/82594/in-blockchain-we-trust/

銀行とかではなく、フィンテックによるクラウドファンディングを利用しているのですね。それは「ブロックチェーン台帳による改編不能な台帳の出現により「信用」に対するコストが大幅に下落し、不完全な信用の創造で利益を得ている銀行、金融機関、財政アドバイザーたちを脅かすことになる。」と論評されています。既存のビジネスモデルを飛び越えて、新しいフィンテックにより、新しいイノベーションが実現されていくというわけです。まるで従来の経済とは別の新しい経済システムが誕生しているかのようです。クリスアンダーソンの著書「フリー」で、それは「無料経済」「非貨幣経済」と名付けられておりました。このニュースに驚いた人は、是非「無料経済」を勉強致しましょう!

※参考書籍、クリスアンダーソン「フリー」