2019/3/18置き配スタート

Screenshot of www.post.japanpost.jp

2019年3月18日より、日本郵便が「指定場所配達サービス」を開始します。これは、荷送人が差し出したゆうパックを、受取人が予め指定した場所(宅配ボックス、郵便受箱、メーターボックス、物置又は車庫)に届けることができるというものです。「置き配」というのは、「受取サインを取らずに置いてくるだけ」という配達方法です。

申請書はこちらです。

https://www.post.japanpost.jp/service/uketori/shitei_kodate/02-shako-monooki-you.pdf

当然ながら、「指定場所に郵便物等を配達した後、万一当該郵便物等の亡失等があった場合は、郵便局は損害賠償を行いません。」と注意書きがありますね。この書類を提出した場合は日本郵便さんには賠償請求ができなくなるという仕組みです。 それでも良いなら利用して下さいというスタンスです。

盗難のリスクを低下させるために、玄関先に鍵つきのバッグを設置するサービスもあります。OKIPPAというサービスです。

Screenshot of www.okippa.life

amazonでも置き配が始まっています。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201911070

置き配というのは、配達ロボットのサービスとも相性が良さそうですね。

Screenshot of www.zmp.co.jp

どんどん普及すると思います。配達コストの低下は、店舗コストとの差別化により、店舗の消滅に帰結すると思います。21世紀の子供達が大人になったとき、「有人店舗が絶滅」という事態に至る可能性も高いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。