無人コンビニ600

Screenshot of www.600.jp

オフィス向けの無人コンビニ600が少しずつ増えているようです。クレジットカードで扉を開き、RFIDで商品の取り出しを検知して代金決済する仕組みのようです。運営会社のスタッフ(コンシェルジュ)とLINEなどで要望を相談できて、週2回の補充で利便性を確保しているようです。

自動運転もレベル2から5まで色んな段階がありますが、無人コンビニもこのように、「オフィスという限られた空間」で、「RFID方式」で運営する場合は既に実用域に達しているということなのですね。そのうち一般客にも開放された無人コンビニ600がオープンするでしょう。

Screenshot of ja.wikipedia.org

もちろん最先端は、AIカメラで客の動きを認識するAmazon GO 方式ですね。日本でも実証実験が行われています。セルフレジとか、自販機型とか、色々ありますね。物流革命が進行中なのです。

※セブンイレブン(顔認証、商品画像認識レジ)

https://www.sej.co.jp/company/news_release/news/2018/20181217_02.html

※ローソン(セルフレジを使った夜間無人営業)

https://www.lawson.co.jp/company/news/detail/1369017_2504.html

※ファミリーマート(自販機コンビニASD)

https://www.family.co.jp/company/asd.html

コンビニ革命が進展して、5年後、10年後にどうなっているか、想像も付きませんが、従来型店舗が衰退しているだろうとは予想できます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。