カテゴリー
ニュースなど

PHSサービス2020年7月終了!

Screenshot of www.softbank.jp

 
一般向けPHSサービスが2020年7月をもって終了とのアナウンスがありましたね。新規加入停止とかではなく、サービス終了なんですね。これは隔世の感があります。20年以上前でしょうか、学生時代とか社会人1年生とか、少し安いPHSサービスは有り難かった記憶があります。でも、いつしか繋がりにくいとか、番号が070で恥ずかしいとかで、普通のケータイ契約に切り替わってしまいましたね。

携帯電話の基地局は最大25W、PHSは最大500mWで、端末出力も携帯電話が200mW、PHSが80mWでした。そのため、電磁波による医療機器の誤動作を回避するとして病院内ではPHSが使われていたりしましたが、最近はどうなったんでしょう。携帯電話でも電磁波の少ない機種が開発されたりしたと言うことなんでしょうか。

周波数帯域は1.9GHz帯でした。この帯域は携帯電話でも使われていましたが、PHSが使っていた部分は返上され、新たに別の用途に使えることになりますね。

これは報道でも何も説明されていませんが、おそらく、IOT関連で使われることになるはずです。IOTつまりモノのインターネットですね。パソコンやケータイやスマホに限らず、ありとあらゆるモノにIPアドレスが割り振られ、それが通信機能を有することになるというわけです。鞄とか服とか靴とか筆記用具とか、今まで考えられなかったようなものに、インターネット通信機能が付加されることになります。社会の変革の一端が、このようなニュースからもじわりじわりと感じられます。

※参考書籍

カテゴリー
ニュースなど

Bフレッツ終了

Screenshot of www.ntt-east.co.jp

Bフレッツが終了して、フレッツ光ネクストに移行されるってことらしいですね。要するに100Mbpsから1000Mbpsへと増速されるってことですね。フレッツ光ネクストの登場が平成20年3月と言いますから、ちょうど10年で通信速度が10倍になったということですね。

思い返せば、30年以上前、家のパソコンに最初に繋いだモデムの通信速度は1200bpsでした。当時はインターネットは存在せず、「パソコン通信」というもので、掲示板やら、チャットやら、フリーソフトライブラリーにアクセスして喜んでいた時代ですね。

うーん、それって、1Gbpsからすると、何倍遅いんだろう。。1,000,000,000÷1,200=833,333倍、つまり83万倍ですか!

30年で83万倍ですか。じゃあ、30乗根を計算してみますと、30√833333=1.5753だそうです。毎年1.5753倍速度が上がっているんですね。

インフレ率で言えば57.53パーセント、恐るべき数値ですね!これからの10年、20年も、ネット通信速度が、やはり10倍、100倍と、進化せざるをえないですね。

ネット通信が今の100倍になったらどうなるか、想像できますか?例えばVRゴーグルを掛けて、顔を上下左右に動かした場合に、現実世界と区別ができないような世界が映し出されたりすることになりますね。レイ=カーツワイルが、「不動産はバーチャルなものとなる」と予言していることが、実現するかもしれないんですね。人々は、皆VRゴーグルを掛けて、ネット上の世界で、「面会」し、「会議」し、「営業」することになるわけですね。今でも、オンラインゲーム・ネットゲームが流行していますが、それを更に進化させちゃうことになるわけです。