2012年は奇跡の年

物理学で「奇跡の年」と言えば1905年の事ですが、シンギュラリティー論においては、2012年が奇跡の年と言えるでしょう。

まず、1905年を復習してみましょう。スイスのベルン特許局の技師であったアルベルトアインシュタインが、1905年に「光量子仮説」「ブラウン運動の理論」「特殊相対性理論」の3つの論文を発表したのです。光量子仮説は、光の波動性と粒子性を矛盾無く説明して量子力学の礎となり太陽光発電の根拠となりましたし、ブラウン運動を数式化して原子1個の重さの特定に大きく前進しましたし、特殊相対論で時空のゆがみを人類は初めて認識することができたのです。エネルギーと質量の等価性は、原子力発電の根拠となりました。

さて、2012年ですが、ILSVRC画像認識コンテストで、カナダのトロント大学のアレックス・クリジェフスキー、イリヤ・スツケヴェル、ジェフリー・ヒントンのチームが、DNN(ディープニューラルネットワーク)を用いた画像認識エンジンで、2位の東大チームに10パーセント近い大差をつけて優勝したことが、ディープラーニングの大きなブレークスルーとなりました。そして2015年には、とうとう画像認識のエラー率が人類を凌駕するに至ったのです。それも全て2012年のILSVRCが最初の契機となったのです。

ILSVRC

AIの画像認識率が既に人類を超えてる件

この、記念すべき2012年のILSVRCの日付けは、2012年10月12日です。

Screenshot of image-net.org

2012年はキャットペーパーの年でもあります。2012年6月にグーグルが発表した論文いわゆる「キャットペーパー」では、ニューラルネットワークによる大規模な教師無し学習(16000コアの1000台のPCで3日間)によって、コンピューターが誰からも教えられずに、多数の猫画像を見ただけで、自力で猫を認識できるようになったことが明らかにされています。これは「グーグルの猫」と呼ばれ、ディープラーニングのひとつのマイルストーン(一里塚、通過点)と認識される出来事になりました。教師無し学習で言語や画像認識を習得するというのは人間の赤ちゃんの学習方法と同じことになります。

※グーグル公式ブログより、「グーグルの猫」プレスリリース
https://googleblog.blogspot.jp/2012/06/using-large-scale-brain-simulations-for.html

※キャットペーパー論文
http://static.googleusercontent.com/media/research.google.com/en//archive/unsupervised_icml2012.pdf

さらに、遺伝子工学の分野でも、2012年は驚くべき奇跡の年でした。それは、米国サイエンス誌の2012年8月17日号に掲載された論文でした。クリスパーキャス9という制限酵素(遺伝子を切る酵素)を使って、生物の遺伝子をピンポイントで編集できることを最初に報告した論文です。

Screenshot of science.sciencemag.org

遺伝子編集が及ぼすインパクトは、種の遺伝子全てを変更できる「遺伝子ドライブ」に繋がっています。これは、遺伝子編集によってクリスパーキャス9の遺伝子を組み込むことによって、遺伝子編集した個体を1つ投入すれば、種の遺伝子全てを変更できる可能性を秘めているということです。天才(シャルパンティエ、ダウドナ)が天才(ケビン・エスベルト)を呼んで、人類に恐るべき道具を与えてしまったのです。

Screenshot of en.wikipedia.org

※Bitcoin Foundation youtube channel

https://www.youtube.com/user/BitcoinFoundation

2012年は、ビットコイン財団設立の年でもあります。インターネット通信が、クライアントコンピューターがサーバーコンピューターにアクセスする通信方式から、インターネット上の無数のコンピューターがデータを共有し共同してピアツーピア通信してデータを継ぎ足していく「ブロックチェーン」にアップグレードされたのです。それを運営する財団が2012年9月に設立されたのです。世界中に分散して存在しているノードコンピューターが全ての取引記録を共有して、衆人環視のもとで共同でデータを更新していくのです。サーバーコンピューターのウイルス感染リスクや、管理者による恣意的データ改ざんリスクから解放された方式であり、これは、インターネット通信速度とコンピューター処理速度と記憶装置の容量増加などの性能向上によって実現した21世紀の新しい技術です。ブロックチェーンの堅牢性は、国家が管理する台帳を超えるのではないかと考える人々が誕生しています。

Screenshot of bitcoinfoundation.org

人間社会は、コンピューター工学におけるディープラーニングの発見と、遺伝子工学における遺伝子編集技術の発見と、インターネットにおけるブロックチェーン技術の発明によって、大きく変化し始めることになったのです。

画像認識でAIが人類を超えるということは、画像以外の分野でも人類を凌駕できることを意味します。ディープラーニングが存在する前と後では、AI技術は天と地の差がありますし、クリスパーキャス9発見の前と後では、遺伝子工学は天と地の差があります。ブロックチェーンによりデジタルデータの保存性が飛躍的に向上しました。3つのブレークスルーは相互に影響して進歩を加速させるでしょう。

2012年を境に、人間社会は大きく変わり始めました。2012年は一種の特異点、つまりシンギュラリティでした。シンギュラリティは既に到来していたのです。勿論、レイ・カーツワイルが言っているシンギュラリティは、「千ドルで買えるコンピューターが人類全体の能力を超えること」を意味しています。それは2045年に到来すると予測されているのです。

2012年がシンギュラリティ元年だとすれば、2019年は、シンギュラリティ8年ということになります。これからの歴史は、すべてこの2012年からの経過年数によって規定されることになるでしょう。

試みに、シンギュラリティの簡易年表を提示してみましょう。

シンギュラリティ年表

2012年は奇跡の年です。ディープラーニングニューラルネットワークによる画像認識エンジンが画像認識コンテストで初優勝した年であり、キャットペーパー論文が発表され、同時に遺伝子編集のクリスパーキャス9酵素が論文発表され、ビットコイン財団が設立された年です。シンギュラリティ革命の萌芽が全て出現し、もの凄い勢いで拡大し始めた年なのです。
シンギュラリティ年号起こった出来事
シンギュラリティ元年(2012年)DNNが画像認識コンテスト優勝。グーグルのキャットペーパー論文発表(教師無し学習だけでコンピューターが猫を認識できた)。音声認識ソフトgoogle now公開(apple siri は2011年公開)。クリスパーキャス9酵素の論文発表。ブロックチェーンを運営するビットコイン財団設立。
シンギュラリティ2年(2013年)カナダバンクーバーのWavesコーヒーショップに世界初のビットコインATMであるRobocoinマシンが稼働開始。NASA,Google,USRA(米国大学宇宙研究協会)が共同で、Quantum Computing AI Lab(量子コンピューターAI研究所)を設立。
シンギュラリティ3年(2014年)ケビン・エスベルトの遺伝子ドライブ論文発表。クリスパーキャス9を使って、クリスパーキャス9の遺伝子を組み込むことにより、種全体の遺伝子を操作できることが判明した。amazonがスマートスピーカーECHOを発売。
シンギュラリティ4年(2015年)DNNディープニューラルネットを用いた画像認識エンジンが人類のエラー率を下回った。中国で、ヒト生殖細胞の遺伝子編集実験。Google brain が ディープラーニング機械学習ライブラリTensorFlow のソースコードを無料公開。国連総会でSDGs採択。IPFSアルファ版リリース
シンギュラリティ5年(2016年)クレイグベンターの研究グループが、53万塩基対の人工細胞DNA合成に成功し、JCVI-syn3.0 ミニマルセル(最小細胞)と名付けられた。人工生命体(原核細胞)の誕生である。スイス連邦工科大学のソーラープレーンが世界一周飛行に成功。太陽光エネルギー時代の幕開け。DNNディープニューラルネットを用いたalphagoが世界戦で優勝経験のある韓国のトップ棋士イセドル9段に4勝1敗と勝ち越した。IBMが量子コンピューターのクラウドサービス IBM Quantum Experience を公開。
シンギュラリティ6年(2017年)DNNディープニューラルネットを用いた音声認識エンジンが人類のエラー率を下回った。機械学習を用いた囲碁AIソフトalphagoが囲碁チャンピオン中国の柯潔9段に3連勝し、将棋AIソフトponanzaが将棋名人に勝利した。Alibaba子会社Alipayが顔認証決済サービスを開始。
シンギュラリティ7年(2018年)DNNディープニューラルネットを用いた自然言語認識エンジンがwikipedia読解問題で人類の正答率を超えた。LIDARレーザースキャナを搭載した世界初の市販車アウディA8発売。遺伝子編集によりHIV感染しにくくなった赤ちゃんが中国で誕生。米国アリゾナ州フェニックスでwaymoの自動運転タクシー商用運転開始(運転手なし自動運転レベル4)。
シンギュラリティ8年(2019年)グーグルが量子超越性(量子コンピューターが特定課題においてシリコンなどの半導体による古典コンピューターの性能を超えていること)を実証。ビットコインで支払うことができるVISAデビットカードcoinbase cardサービス開始。IBMが量子コンピューターIBM Q System One発売。
シンギュラリティ9年(2020年)ロチェスター大学の研究グループは15℃で超電導状態を示す炭素質水素化硫黄化合物を発見し、常温超電導の扉を開いた。新型コロナウイルス対策として人工合成されたmRNAワクチンが実用化。
シンギュラリティ10年(2021年)braveブラウザ1.19.86がIPFSを初めて標準搭載した。

 

※参考書籍

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。