パナソニック本社構内で自動運転サービス開始

Screenshot of news.panasonic.com

パナソニックの大阪本社で、構内限定の自動運転車ライドシェアサービスが開始されました。社員限定の実証サービスのようなものです。4隅にLiDARセンサーが設置されたオーソドックスな自動運転車です。1周2.4kmのルートを走行します。地図を見ると一部公道を通過するように見えますが、動画を見ると地下トンネルで通過するようです。

アメリカのアリゾナ州では、無人運転車も、無人配送ロボットも既に稼働していますが、日本でも遅ればせながら実証実験が始まったと言うことです。

アリゾナ州で自動配送サービス開始

waymoがFiatChryslerに62000台の自動運転車を発注!

これらのニュースを拝見しますと、「自動運転車の技術は既に完成している」という紛れもない事実がはっきり認識されます。「安全性」と「コスト」の問題がクリアされれば、一気に普及すると思われます。その普及したときに、我々の日常生活にどのように影響するか各自考えてみて下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。