カテゴリー
用語集

新しい物語

「新しい物語」は、イスラエルの歴史学者、ユヴァル・ノア・ハラリの最新作「21レッスンズ-21世紀の人類のための21の思考」で提示された概念です。ITテクノロジー(AI)革命と、バイオテクノロジー(遺伝子編集)革命の「双子の革命」が進展した時代に、人類が依拠すべき意味の大系(イデオロギー)のことです。

第19章「教育」の冒頭に次のような記述があります。

「人類は前代未聞の革命に直面しており、私たちの昔ながらの物語はみな崩れかけ、その代わりとなる新しい物語は、今のところ一つも現れていない。」

この革命後に始まる「新しい物語」の時代を子供たちは生き抜かなければならないのです。

物語の性質は、第20章「意味」で論じられています。管理人の読解を提示致します。

---

20、意味
サピエンスは物語を求める動物である。物語があなたを規定し、あなたの人生に意味を与える。輪廻転生、ナショナリズム、共産主義、「何かを残す」、恋愛ロマンスなど、さまざまな物語がある。物語に根拠は不要だし、矛盾していても構わない。虚構の物語=神話を現実として信じ込ませるために儀式と犠牲が必要だ。人は、同時に複数の物語を信じる。我々は、自分の欲望や意志を選択することができない。それに気付けば、自分の意見や感情や欲望に前ほどこだわらなくなれるはずだ。それは単なる生化学的な揺らぎに過ぎないのだ。フェイスブックやインスタグラムは、自由主義者である我々の神話創作の一部を担っている。古代仏教は、自由主義をつきつめて、自由意志のドラマは存在しない、人間の感情にも人生にもまったく意味は無いと宣言した。しかし物語の否定を社会的な活動にするとそれ自体が物語化してしまうので注意が必要だ。政治家が次の4つの言葉「犠牲」、「永遠」、「純粋」、「救済」を使う時には特に注意してほしい。そのようなときには、現実の苦痛に注意を向け、それが何なのかを調べて欲しい。

---

例えば江戸時代であれば、徳川幕府を頂点とする封建制の時代ですから、士農工商(長男による家督相続)の身分制度の中で、それぞれの身分に従って求められる技能を習得し、与えられた役目を果たしながら、幸福を目指していくという物語の中で人々は生きていたわけです。

昭和の時代であれば、受験勉強を勝ち抜き、大手企業や官庁に正社員として就職して終身雇用制の中で仕事を頑張って、あるいは資格を取得して技術を磨き、専業主婦と子供を養っていくという物語だったわけです。このような家族像は、「サザエさん」とか「ちびまる子ちゃん」とか「ドラえもん」とか「クレヨンしんちゃん」で描かれていましたね。

このような物語が継続するためには、「封建社会」とか、「右肩上がりの経済成長を担う株式会社」という前提条件が必要だったわけですが、21世紀に入り、生産性革命が進行して、デフレが常態化し、株式会社が利益を上げられなくなってきたという事情が追加されてきたのです。20世紀の物語の前提条件が崩れてしまいました。ゲームチェンジが起きているということですね。

ゲームチェンジ

人類は農業革命、科学革命、産業革命など、大きなテクノロジーの進化がある毎に、物語を更新してきました。次のAI&バイオ革命後にも、必ず、新しい物語が出現することになります。

おそらく、ハラリの次回作は「新しい物語」についての本になるのではないかと予想されます。それが「21Lessons」の中に示唆されています。

「新しい物語」についての議論で注意を要するのは、物語が「○○であって欲しい」という願望の側面と、「○○となるであろう」という予測の側面の2種類があるということです。往々にして、願望がその通りにはならないことが多いですから、その議論が願望なのか予測なのか、切り分けておく必要があります。

管理人が「21Lessons」を読んで感じた「新しい物語」の性質を箇条書きに致しますので各自考えてみて下さい。これを全て満たす物語などあるだろうか、と思われるかもしれませんが、新しい物語は、我々の誰もが未だ見たことがない物語ですから、分からなくて当然なのです。

・気候変動・環境破壊・生態系崩壊などグローバルな問題に対処

・自由主義を改良したものである

・AI&バイオ革命後の世界における人のあり方を示す

・労働の必要が無くなった無用者に幸福を与える

・オフラインのコミュニティを提供する

・瞑想に何らかの位置づけを与える

シンギュラリティ表

20世紀と21世紀の違い、シンギュラリティの前後でどのように変わるのか、一覧表にしてみました。当然、就職先や投資先は右側の「新体制」に属する企業を目的とすべきでしょう。左側の「旧体制」企業は、少しずつでも右側の方に移行できるように努力し続けなければ生き残れません。
項目旧体制新体制
西暦20世紀21世紀
価値の源泉人間中心主義データ主義
経済資本主義(金利あり)シェアリングエコノミー(金利なし)
人口増加減少
物価上昇(財産の囲い込み)下落(協働型コモンズを無償利用)
通貨政府発行の法定通貨(基軸通貨はドル)暗号通貨(主要通貨はビットコイン)
企業大企業ビジネス株式会社小規模、非営利団体NPOボランティア、ソーシャルビジネス
労働雇用契約の必要あり。正社員パーマネント契約。必要ないがやるなら単発の仕事(ギグ)。パートタイム業務委託契約。
生産工場でNC加工家庭で3Dプリンティング
収入給与ベーシックインカム
コンピューターノイマン型(プログラムで動く)データ駆動型、ディープラーニング型(NN機械学習で動く)
インターネットクライアントサーバーモデル(中央集権)ピアツーピアによるブロックチェーン(分散台帳)
流通・小売業デパート百貨店、商店街百円ショップ、無人コンビニ自動販売機、ネット通販
モノとヒトの関係所有アクセス
情報紙媒体を購入インターネットで無償取得
著作権・知的財産権保護廃止(海賊党運動)
エネルギー有料の化石燃料を給油無料の太陽光エネルギーを充電
自動車内燃機関エンジンの自動車を購入して人間が運転電気モーターのカーシェアリングをコンピューターが自動運転, MaaS
衣類背広、プレタポルテ(高級既製服)wear something→ユニクロ,ZARA,H&M,Gap
食料高価(働かざる者くうべからず)安価(限りなくゼロ、無料に近づく)
住居住宅ローンで新築住宅を購入空き屋に無償で入居
不動産価値の源泉価値無し(VR・ARへ移行)
家族夫婦と子供2人単身世帯
主要団体国民国家NGO,NPO
必要な勉強暗記型、教科書を習得する討論型、答えの無い問題を切り拓く
資格・学歴価値があるし必要価値は無く不要(学びは必要)
飲食店・店舗多様性無人コンビニへ集約
主要議題開発・発展持続可能性SDGs
世界観開発の物語新しい物語

※参考記事

21Lessons 第1部テクノロジー面の難題

21Lessons 第2部政治面の難題

21Lessons 第3部絶望と希望

21Lessons 第4部真実

21Lessons 第5部レジリエンス

カテゴリー
ニュースなど

21Lessons 第5部レジリエンス

イスラエルの歴史学者、ユヴァル・ノア・ハラリさんの最新作「21レッスンズ-21世紀の人類のための21の思考」、読み終わりました。管理人の読解を提示致しますので各自読んでみて下さい。

---

19、教育
人類は前代未聞の革命に直面しており、昔ながらの物語はみな崩れかけ、その代わりとなる新しい物語は、今のところひとつも現れていない。そのような時代に教育に求められるのは、精神的柔軟性レジリエンスだ。情報を詰め込んだり、技能を習得させることに専心している教師自身が旧時代の教育制度の産物である。15才の子供への助言は、大人に頼りすぎるなということだ。我々は、人間がハッキングされる時代を生きている。多少でも支配権を残したければ、自分自身のオペレーティングシステムの動作をもっと良く知る必要がある。

20、意味
サピエンスは物語を求める動物である。物語があなたを規定し、あなたの人生に意味を与える。輪廻転生、ナショナリズム、共産主義、「何かを残す」、恋愛ロマンスなど、さまざまな物語がある。物語に根拠は不要だし、矛盾していても構わない。虚構の物語=神話を現実として信じ込ませるために儀式と犠牲が必要だ。人は、同時に複数の物語を信じる。我々は、自分の欲望や意志を選択することができない。それに気付けば、自分の意見や感情や欲望に前ほどこだわらなくなれるはずだ。それは単なる生化学的な揺らぎに過ぎないのだ。フェイスブックやインスタグラムは、自由主義者である我々の神話創作の一部を担っている。古代仏教は、自由主義をつきつめて、自由意志のドラマは存在しない、人間の感情にも人生にもまったく意味は無いと宣言した。しかし物語の否定を社会的な活動にするとそれ自体が物語化してしまうので注意が必要だ。政治家が次の4つの言葉「犠牲」、「永遠」、「純粋」、「救済」を使う時には特に注意してほしい。そのようなときには、現実の苦痛に注意を向け、それが何なのかを調べて欲しい。

21、瞑想
ティーンエイジャーの筆者は様々な物語が虚構であると気付いたが、どうすれば真実を見つけ出せるか見当もつかず悶々としていた。大学では、いくつかの強力な道具を得ることができたが、次第に専攻分野を絞るように求められ辟易した。そんな時、著者は友人の勧めでゴエンカのヴィパッサナー講習を受講し、「何もしてはいけません。息をコントロールしようとしたり、特別な息の仕方をしようとしたりしないでください。それが何であれ、この瞬間の現実をひたすら観察するのです。息が入ってくるときは、今、息が入ってきていると自覚するだけでいいのです。息が出ていくときには、今、息が出ていっているとだけ自覚します。そして、注意が散漫になり、心が記憶や空想の中を漂い始めたら、今、自分の心が息から離れてしまったことを、ただ自覚して下さい」と教わり、驚愕した。それ以来、著者は毎日2時間の瞑想を日課とし、毎年1ヶ月か2ヶ月の瞑想旅行に行くことにしている。瞑想は現実逃避ではなく、現実と接触する行為である。とはいえ、世の中を変えるためには行動を起こす必要があり、そのための組織に加わる必要がある。瞑想だけでなく、セラピーや、芸術や、スポーツでも同様の効果が得られることもある。あと数年あるいは数十年、アルゴリズムが我々の心を完全に操作するようになるまでは、そのようなチャレンジが可能である。

---

とうとう来ました、最終第5部、レジリエンス。これは心理学で、社会的なストレスに対応するための、回復力や復元力や弾力性や柔軟性を意味するのだそうです。

Screenshot of ja.wikipedia.org

19章の「教育」は、全ての子どもをもつ親御さんに興味津々の項目ですね。何を子どもに教えるべきか、どのような教育を受けさせるか、これを真剣に考えながら読みましょう。ハラリさんの意見を参考にして、夫婦で議論し、親戚や知人とも沢山議論して教育方針をブラッシュアップして下さい。

20章「意味」は、すごい内省が深くて驚きました。20章を読むだけでもこの本を読む価値があると思いました。逆にいうと、この20章は簡単に読めないと思いました。まさに物語を学びつつある中高生には難しいのではないか。内省の旅が深すぎて著者の思考について行けないのです。だから、20章は行きつ戻りつ、時間をかけてゆっくりと何度も読むことを推奨します。

21章「瞑想」は、ハラリさんの自叙伝です。極端に言えば20章までは「サピエンス全史」と「ホモ・デウス」の焼き直しとも言えますが、21章は初披露の私小説みたいなもので、著者の大サービスということになります。「最後まで読んでくれてありがとう!」ということかもしれません。ハラリさんの思考スタイルがどうして現在の形に至ったのか体験に沿って著述されています。なるほどそうか!目から鱗が落ちる内容です。特に感心したのは、「毎日2時間の瞑想と、年間1~2ヶ月の瞑想旅行」です。これはなかなか真似ができませんね。しかし、21世紀の大変革を乗り越える思索を獲得するために、そのように実践している人が居るという事実を受け止めましょう。例えば学生の夏休みなど長期休暇で、クラブ活動や観光旅行などで忙しくスケジュールを入れてしまうことは「勿体ない」ことかもしれません。「ぼーっとして、心を空っぽにする」時間が必要かもしれないのです。

※参考記事

サピエンス全史、上巻

サピエンス全史、下巻

ホモ・デウス上巻

ホモ・デウス下巻

カテゴリー
ニュースなど

21Lessons 第4部真実

イスラエルの歴史学者、ユヴァル・ノア・ハラリさんの最新作「21レッスンズ-21世紀の人類のための21の思考」、少しずつ読んでいます。管理人の読解を提示致しますので各自読んでみて下さい。

---

15、無知
自由主義の思想は、個人の合理的判断に絶大な信頼を置いているが、私たちの考え方の大半は、個人の合理性よりもむしろコミュニティの集団思考によって形作られている。巨大な権力はブラックホールのようなもので、近づけば近づくほどすべてがねじ曲げられてしまう。2000年以上前にソクラテスが述べたとおり、自分の無知を認めることが最善の策である。

16、正義
グローバル経済ネットワークが構築された現代社会において、狩猟採集民が持っていたような、目の前の出来事に関する素朴な正義感は時代後れになってしまった。グローバルな問題の対策は、「問題の規模を縮小する」ことや、「胸に迫る人間ドラマに的を絞る」ことや、「陰謀論をでっちあげる」ことや、「全知のドグマに任せてしまう」ことが考えられるが、いずれも欠点を抱えている。グローバルなコミュニティが存在しないので、皆で一緒に考えることができないのだ。

17、ポスト・トゥルース
プーチンやトランプの出現により、フェイクニュースの時代、ポスト・トゥルースの時代が始まったとか、フェイクニュースの時代が始まったなどと言われるようになったが、プロパガンダや偽情報はけっして新しいものではない。そもそも人類はポスト・トゥルースの種であると言える。人類は、虚構を創り出して広め、常に多くの見ず知らずの同類と協力できる唯一の哺乳動物である。この能力により人類は地球を征服することができたのだ。洗脳マシーンから抜け出すには、信頼できる情報には対価を惜しまないこと、科学論文を自分で読む努力をすることが必要である。

18、SF
人間が他のどんな動物よりもうまく協力できるのは、共通の虚構を信じているからである。だから、詩人や画家や劇作家は、兵士や技術者と同じくらい重要である。現代の科学は、真正性は神話であるということを明らかにした。自由意志など無いということは、映画「インサイドヘッド」、「マトリックス」、「トゥルーマンショー」などが上手に描き出している。オルダスハクスリーのSF小説「すばらしい新世界」は、もっとストレートにこれを描写している。野人ジョンは不幸せになる権利を主張し隠遁生活を志したが、人々の好奇の目にさらされうんざりし、首を吊って世界から逃げ出してしまった。21世紀の我々は新世界から脱出して生還する可能性を探究すべきである。

---

第4部は、真実の性質を述べています。簡単に言うと、「真実」は人類の共同主観の虚構のひとつであると述べています。「科学もSFも変わらない」と言っちゃっているわけで、凄いニヒリズムだなあと思いました。でも、筋が通っているので爽やかな読後感があります。完全ニヒリズムじゃなくて、一筋の光明も描き出しています。

第4部の最後の言葉を引用します。

「自己の狭い定義を脱することが、21世紀における必須のサバイバルスキルとなってもおかしくはない。」

ハラリさんは、脳や自我すら捕らわれているシステムの侵略からの脱出を企図しているわけです。第4部を読むには、フロイトやユングなどの心理学を予習した方が良いように思いました。勿論ハラリさんも勉強しています。歴史学者なのに勉強分野が広くて驚きます。

17章で提示されたポスト・トゥルースの洗脳マシーンから抜け出すためのふたつの経験則、「信頼できる情報には対価を惜しまないこと」、「科学論文を自分で読む努力」が大事になってきます。論文冒頭の要約部分、いわゆるアブストラクトだけでも、英語で読めるようにすることが大事です。論文検索を習慣にしましょう。

Screenshot of scholar.google.co.jp

有名な映画ですけど、「マトリックス」、「トゥルーマンショー」、「インサイドヘッド」も見直したほうが良いですし、SF小説「すばらしい新世界」も是非読みましょう。

※参考映画(amazon prime video)

インサイドヘッド(吹替版)

マトリックス(字幕版)

トゥルーマン・ショー(字幕版)

※参考書籍

すばらしい新世界

別冊ニュートン、ゼロからわかる心理学

※参考記事

サピエンス全史、上巻

サピエンス全史、下巻

ホモ・デウス上巻

ホモ・デウス下巻